マルアイ
CONTENTS
会社案内
店舗案内
採用情報
TOP
国産牛肉の個体識別番号検索サービス
牛肉のトレーサビリティとは

耳標装着 国内で生まれたすべての牛と生体で輸入された牛に、10桁の個体識別番号が印字された耳標が装着されます。
 
届出と牛のデータベース化 酪農家や肉用牛農家などの届出に基づき、個体識別番号によって、その牛の性別や黒毛和種などの種別に加え、出生からとさつ(と畜・解体処理)までの飼養地などがデータベースに記録されます。
 
番号表示と取引の記録 その牛がとさつされ牛肉となってからは、枝肉、部分肉、精肉と加工され流通していく過程で、その取引に関わる業者などにより、個体識別番号又はロット番号(注1)が表示され、取引が帳簿に記録・保存されます。
 
生産流通と履歴の把握 これにより、国内で飼養された牛については、販売されている精肉など(注2)から牛の出生までの遡及と、牛の出生から消費者に提供されるまでの間の追跡、すなわちトレーサビリティが可能となります。
 



この牛はどこから来たの?
(独)家畜改良センターのホームページにアクセスし、個体識別番号を入力することで、その牛の情報をみることができます。
10桁の個体識別番号を入力 http://www.nlbc.go.jp/
http://www.id.nlbc.go.jp/mobile/

▲ Page Top

プライバシー・ポリシー
site map